暑さで車が故障する!夏に起こりやすいトラブルと対策ポイント

生活

最近の夏は35度を超える暑さで車が故障するトララブルが増えています。

暑い中でトラブルが起きての対処はとても大変。

しかし、故障しやすい箇所や対策ポイントを知っておけば、事前に点検してトラブルを回避できます。

この記事では、夏に起こりやすいトラブルと、対策ポイントを紹介します。

それでは『暑さで車が故障する!夏に起こりやすいトラブルと対策ポイント』を次項から一緒に見ていきましょう。

夏のドライブを快適に過ごすために、この記事を参考にしてください。

 

暑さで車が故障する!夏に起こりやすいトラブル

夏の暑さで起こりやすいトラブルを紹介していきます。

 

エンジンのオーバーヒート

夏に車が故障する原因の一つは、エンジンのオーバーヒートです。

エンジンが長時間稼働し、冷却水の不足やラジエーターの故障などが原因で、エンジンが過熱してしまいます。

これにより、エンジンの機能が低下し、最悪の場合はエンジンが焼き付いてしまうこともあります。

 

エアコンの故障

夏の暑さが続く中、車のエアコンは欠かせないアイテムです。

しかし、使用頻度が高まることでエアコンが故障することがあります。

エアコンの故障箇所としては、冷却剤の漏れやコンプレッサーの故障が挙げられます。

これらの故障は、エアコンの効きが悪くなったり、異音がするなどの症状が出ます。

 

タイヤのパンク

夏に車が故障する要因の一つとして、タイヤのパンクが挙げられます。

タイヤが熱で膨張し、空気圧が上がるため、パンクしやすくなります。

また、夏場は長距離ドライブをする機会が増えるため、タイヤの摩耗も進み、パンクしやすくなります。

 

バッテリーの上がり

夏の暑さで車が故障する原因として、バッテリーの上がりが挙げられます。

高温下での長時間駐車やエアコンの使用などが原因で、バッテリーの寿命が短くなってしまいます。

 

クーラントの不足

夏に車が故障する原因の1つは、クーラントの不足です

クーラントは、エンジンを冷却するために必要な液体で、不足するとエンジンが過熱してしまいます。

運転中にエンジンの温度計が異常に上がった場合は、すぐに車を停めてエンジンルームを点検しましょう。

 

暑さで車が故障する!対策ポイント

 

夏の暑さで起こりやすいトラブルを未然にチェックして対策していきましょう。

 

エアコンの点検

エアコンの故障を防ぐためには、定期的な点検が必要です。

エアコンのフィルターは、ホコリや汚れがたまりやすいので、定期的に掃除が必要です。

また、冷媒の量が不足している場合は、冷却効果が低下します。

専門業者で点検してもらいましょう。

エアコンの故障して使えなくなると大変です。

暑い夏を快適に過ごすためにも、エアコンの点検は欠かせません。

 

オイルの点検

夏に車が故障する原因の一つとして、オイルがあります。

夏の暑さでエンジンは高温になり高温になり、オイルが劣化しやすく潤滑が悪くなります。

オイルは、エンジンをスムーズに回すために必要なもので、オイルが劣化したり、汚れたり減ったりするとエンジンが熱を持ち、故障の原因になります。

そのため、オイルの点検は重要です。

オイルを点検する際には、まずエンジンルームを開け、オイルの量を確認します。

また、オイルの色や質感も確認しましょう。

オイルが黒っぽく汚れていたり、泡立っていたりする場合は、交換が必要です。

オイルの交換は、自分で行うこともできますが、正しい方法を知らないと逆にエンジンに悪影響を与えることもあります。

そのため、不安な場合は自動車修理店で交換してもらうことをおすすめします。

夏に車を運転する際には、オイルの点検を定期的に行い、必要に応じて交換することが大切です。

そうすることで、車の故障を防ぎ、安心してドライブを楽しめます。

 

タイヤの点検

夏に車が故障する原因の一つにタイヤの摩耗があります。

タイヤの溝が減っていると、車の制動距離が長くなり、悪天候時に危険です。

そのため、タイヤの点検が重要です。

タイヤの溝の深さは、1本あたり1.6mm以上が法律で定められていますが、夏場は雨が多く降るため、2mm以上あることが望ましいとされています。

また、タイヤの偏摩耗が起こっている場合は、車のアライメントがずれている可能性があります。

このような場合は、早めに修理することが必要です。

さらに、タイヤの空気圧も定期的に確認しましょう。

適切な空気圧でない場合、タイヤの寿命が短くなるだけでなく、燃費も悪くなります。

夏に車を運転する前に、タイヤの点検をしっかり行い、安全運転に努めましょう。

 

バッテリーの点検

夏に車が故障する原因の一つに、バッテリーの故障が挙げられます。

高温になると、バッテリー内の液体が蒸発し、バッテリー容量が低下するためです。

バッテリーの点検するポイントは、バッテリーの液面と端子の締め付け具合です。

液面が低い場合は、蒸発した液体を補充する必要があります。

また、端子が緩んでいる場合は、締め付けることで接触不良を防ぎます。

バッテリーは、車のエンジンを始動するために必要な重要な部品です。

夏に車が故障しないように、バッテリーの点検を定期的に行いましょう。

 

クーラントの点検

夏に車が故障する原因の一つは、高温によるクーラントの不足です。

クーラントは、エンジンを冷却するために必要な液体で、不足するとエンジンが過熱し、故障の原因になります。

クーラントの不足を防ぐためには、定期的に点検をすることが大切です。

点検するポイントは、クーラントタンクの液面です。

液面が低い場合は、専用の液体を補充する必要があります。

また、クーラントの色が変色している場合は、交換が必要です。

クーラントは、夏だけでなく年間を通して点検が必要な部分です。

定期的な点検と交換をして、車の故障を予防し、安全なドライブを楽しめます

 

渋滞中の熱中症に注意

夏のドライブには渋滞がつきものです。

渋滞中はほぼ車が停止している状態でエアコンの効きも弱くなります。

エアコンの効きが弱くなると車内は温室効果で温度も上がってしまうので、渋滞中には熱中症にならない様注意が必要です。

首の後ろに貼って体温を下げる『冷却シート』や水分補給ができる様に『飲料水』など予めの準備が重要です。

渋滞中は車が停止に近い状態なので温室効果で室内が上昇します。

温度上昇を防ぐ為に窓を開けて空気を循環させたり、サンシェードなどで熱の遮熱が有効です。

 

『暑さで車が故障する!夏に起こりやすいトラブルと対策ポイント』まとめ

『暑さで車が故障する!夏に起こりやすいトラブルと対策ポイント』紹介しました。

夏に起こりやすいトラブル>

  • エンジンのオーバーヒート
  • エアコンの故障
  • タイヤのパンク
  • バッテリーの上がり
  • クーラントの不足

夏だけでなく年間を通して点検が必要な部分です。

定期的な点検と交換をして、トラブルを予防し、安全なドライブを楽しむことができます。

また、夏の暑さで起こりやすいトラブルは車だけではありません。

ドライバーや同乗者も熱中症にならないように事前に対策していきましょう。

夏のドライブを快適に過ごすために、この記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました