キャプテン翼(ライジングサン) 最終回はどうなる?作者とストーリー展開から予測 | しんちゃんのブログ
スポンサーリンク

キャプテン翼(ライジングサン) 最終回はどうなる?作者とストーリー展開から予測

まんが

1981年に週刊少年ジャンプで連載が始まってからずっと人気をキープし、世界中の人達を虜にしてきたサッカー漫画の金字塔とも言える作品である「キャプテン翼」。

現在連載されているライジングサンを始め、様々なタイトルに代わりながらも連載は続いていきました。

それにゲームやアニメ化もされていて、現在もアニメ放送されているくらい人気を博しています。

そんな「キャプテン翼」ですが、2024年4月に発売されるキャプテン翼マガジンvol.20でライジングサンは最終回を迎える事になりました。

その理由は作者である高橋陽一先生の体力的衰えや環境の変化による物でした。

決まってしまったものは仕方ありませんが、「キャプテン翼」最終回がどんなものになるのか、知りたい人はいるんじゃないでしょうか。

そこで今回はキャプテン翼ライジングサンの最終回はどうなるのか作者とストーリー展開から予測していこうと思います。

 

キャプテン翼(ライジングサン) 最終回はどうなる?

まずは「キャプテン翼ライジングサン」の最終回はどうなるかを解説していこうと思います。

可能性としては以下の通りとなるのではないでしょうか。

 

予測①スペイン戦で終わる

1つ目はスペイン戦で終わる事です。

現在の話では翼達日本はミカエル率いるスペインと激突しています。

スペイン戦の最中で終わるような中途半端なところでは終わらない筈です。

ちゃんと決着をつけてから終わらせるんじゃないでしょうか。

そのため、スペインとの戦いが終わったところで最終回となるんじゃないかと思いますね。

 

予測②オリンピック後の話で終わる

2つ目はオリンピック後の話で終わる事です。

スペイン戦もブラジル戦の話も全て終わった後日談的な日常編で幕を閉じる可能性があります。

2チームとの勝敗や優勝できたかどうかはダイジェストの形で語られるのではないでしょうか。

そして翼が優勝した後の次の目標を語ったところで終了となると思いますね。

 

予測③ブラジル戦前で終わる

3つ目はブラジル戦前で終わる事です。

今日本とスペインの試合が行われていますが、試合に関しては間違いなく終わらせることになると思います。

そして日本は勝つと思いますが、決勝の相手はサンターナ達がいるブラジルとなるでしょう。

その前日に翼達は決起集会を行い、必ず勝とうと宣言すると思います。

試合当日となってブラジルのメンバーと共に入場して、ポジションについて、試合開始の笛が鳴ったと同時に翼と岬のゴールデンコンビが動き出した所で終わるでしょう。

 

最終回を作者とストーリー展開から予測

次は「キャプテン翼ライジングサン」の最終回を作者とストーリー展開から予測していこうと思います。

作者である高橋先生の体力的衰えと環境の変化によるものが切っ掛けで最終回になる事が決定しました。

高橋先生は御年60歳を超えていて、まだ重い病気にかかっているわけではありませんが、昔に比べると体力が落ちていて、めまいに苛まれる事が出てきたのです。

それに漫画を手書きではなく、パソコンとかで描くデジタル化が進んでおり、その流れについていけなくなってしまったのもあります。

そしてコロナウイルスの影響によってこれまでのスタッフ体制を維持する事が出来なくなったもの理由の1つとなっているのです。

最終回を決めた主な理由は上記の理由ではありますが、他にも「キャプテン翼」そのものが完結するには早くても40年はかかってしまう事にもあります。

40年もかかるとなると高橋先生は100歳を超えてしまうので、流石に厳しいでしょう。

更には漫画家になる切っ掛けとなった水島新司先生が命を落としたのも考えされられるきっかけになったのです。

これらの要素が絡み合った結果、高橋先生は「キャプテン翼」を最終回にしようと言う考えに至りました。

そして現在の「キャプテン翼ライジングサン」はスペイン戦の真っただ中となっています。

翼が撃ったシュートは外れてしまいましたが、それは敢えてであり、そのシュートを日向がタイガーボレーで蹴り込む事でゴールを決めました。

これで4対2となり、吉良監督は葵と新田をベンチに下げて、反町と佐野がフィールドを投入する事にしたのです。

ミカエルは悪魔に魂を売ってでも日本に勝とうとしますが、他のメンバーは乗り気ではありません。

そして病院にいるミカエルの伯母はミカエルの勝利を願っていました。

ここで1月分が終わり、4月で最終回になる事を踏まえると予測①のスペイン戦で終わる可能性が高いでしょう。

ただ下手すればダイジェストの感じで終わりそうな気もしますね。

 

『キャプテン翼(ライジングサン) 最終回はどうなる?作者とストーリー展開から予測』まとめ

以上がキャプテン翼ライジングサンの最終回はどうなるのか作者とストーリー展開から予測していこうでした。

「キャプテン翼ライジングサン」の最終回はスペイン戦で終わるか、ブラジル戦前で終わるか、試合自体ダイジェストで終わっての後日談で終わるかのどれかだと思います。

そして「キャプテン翼ライジングサン」を始めとした「キャプテン翼」の作者の高橋先生は体力的衰えと環境の変化等で最終回を迎える事に決めました。

現在翼達はミカエル達スペインと試合をしている事からも、スペイン戦で最終回となる可能性が高いです。

ただ最終回の構想は決まっていて、ネームと言う形で後世に残すつもりでいるみたいなので、どうなるのか気になりますね。

まんが
スポンサーリンク
shin-chan blogをフォローする
しんちゃんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました