ゴールデンカムイ尾形の正体を解説!何がしたいのか目的も分析 | しんちゃんのブログ
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ尾形の正体を解説!何がしたいのか目的も分析

まんが

北海道を舞台にありとあらゆる勢力が金塊を巡って争った人気作品である『ゴールデンカムイ』。

アニメも原作最終回までやる流れみたいですし、実写映画化もされたのもあって人気はまだまだ落ちそうにありません。

そんな『ゴールデンカムイ尾形の正体は何者なのか』知りたい人はいるんじゃないでしょうか。

各陣営を掻きまわしまくった尾形ですが、正体が何者でどんな目的で何がしたいのかも興味があります。

それではゴールデンカムイ尾形の正体を解説しつつ、何がしたいのか目的も分析していきますね。

 

ゴールデンカムイ尾形の正体を解説!

まずはゴールデンカムイの尾形の正体について解説していきます。

果たして、どんな正体を隠しているのでしょうか!?

 

尾形の正体は幸次郎の息子

結論から申し上げますと尾形の正体は花沢幸次郎の息子です。

幸次郎は陸軍中将であり、鶴見より前から第七師団長を務めています。

近衛歩兵第一聯隊長陸軍中佐時代の頃に当時芸者をしていたトメに好意を寄せ、関係を持ったことによって尾形が生まれたのです。

 

母親・腹違いの弟・父親を始末

尾形は母親のトメ、腹違いの弟の勇作父親の幸次郎を手にかけたのです。

幸次郎の息子として生まれた尾形はいずれ第七師団団長になる可能性がありましたが、本妻のヒロが勇作を生んでしまった事で人生に狂いが生じます。

本妻の息子が生まれた事で尾形は不要となったので、トメと共に見捨てられて茨城県へと向かって、母方の家族と暮らしました。

ただトメは精神的に疲弊してしまい、幸次郎との思い出の食事であるアンコウ鍋を作るようになったのです。

そして尾形は幸次郎の愛を受けたいと思うようになり、トメが命を落とせば見てくれるかもと思って鍋に毒を入れて、始末しました。

それから軍人の道に入ると、幸次郎とヒロの間に生まれた息子であり、尾形にとっては腹違いの弟である勇作と出会います。

勇作は兄が欲しかったのもあって、尾形の素性を知ると兄様と呼んで非常に懐いていたのです。

しかし尾形からすれば父親と母親の愛を受けて育った存在として勇作を見ていたので、嫉妬や憎しみの感情を抱いていました。

そして日露戦争の時に敵兵にやられたと見せかけて銃撃で始末したのです。

それから尾形は幸次郎に出会い、上記の事を全て話すと共に愛してほしいと言うも拒絶されてしまいました。

なので手をかける事にしたのです。

 

ゴールデンカムイ尾形は何がしたいのか目的も分析

次は尾形は何がしたいのかの目的を分析していきます。

果たして、何がしたいのでしょうか!?

 

金塊争奪戦を引っ掻き回す

尾形は本編では金塊争奪戦を引っ掻き回していました

杉元達、土方達、鶴見達はそれぞれの目的のために金塊を手に入れようと争奪戦を繰り広げていたのです。

しかし尾形は金塊には全然興味がありませんでした。

尾形は最初は鶴見達と行動していましたが、鶴見を裏切ろうとしている事がバレたので逃走して土方達と行動し、杉元達とも行動する事になったのです。

ロシアではアシリパ達と行動し、そしてアシリパを手にかけようとしたので駆けつけた杉元にやられ、土方達の元に逃げ込みます。

やがて杉元達が合流してきたので尾形は去っていき、ここから好き勝手に動く事になりました。

 

本当の狙いは第七師団長の座を得る事

金塊に興味がなく、好き勝手に振舞う尾形の狙いは第七師団長の座を手に入れる事です。

上記でも語ったように尾形は実の父親である幸次郎に手をかけました。

しかし手をかけたのは鶴見の入れ知恵であり、始末すれば重要なポストを渡す事を約束します。

そして始末した尾形でしたが、こうなってしまうと自分は何のために生きているのか分からなくなってしまったのです。

何としても自分が生きているための証として第七師団長の座を貰おうと考え、鶴見に頼み込む事にしました。

鶴見も尾形を最大限利用しようと考えており、尾形の血筋を使って様々な人材を自分の元に引き込んでいったのです。

しかしながらこの間は尾形は完全に放置されてしまい、第七師団長にさせると言う約束も無理されていきました。

完全に約束を忘れ去っているかのように行動する鶴見に嫌気が差した尾形は奥田閣下の元に行き、鶴見に対する監視役を請け負う事になったのです。

ただこの事も尾形にとってどうでもよく、ここから本編になって各勢力を引っ掻き回していきます

そして最終決戦の時に鶴見の前に現れて銃を構えた。

その際に、杉元達を全て始末して金塊に関する土地の権利書を手に入れた手柄によって第七師団長に成り上がる為、鶴見には死んだことにして手助けしてほしいと言うのでした。

この事から最初から最後まで第七師団長になるために活動し、そうする事で自分が生きた証を作ろうとしたのです。

皆がそれぞれ命懸けで金塊を探しているのに、尾形だけそんな目的のために動いていたのですから、実にはた迷惑な話でしょう。

 

ゴールデンカムイ尾形の正体を解説!何がしたいのか目的も分析まとめ

以上がゴールデンカムイ尾形の正体を解説しつつ、何がしたいのか目的も分析していくでした。

尾形の正体は陸軍中将の花沢幸次郎の息子で、愛を求めるために母親、父親、腹違いの弟を手にかけていったのです。

尾形は様々な勢力に厄介になってかき乱しましたが、何がしたいのかと言うと自分が生きた証として第七師団長になる事でした。

はた迷惑な話ではありますが、自分と言う存在を明らかにしたいと言う行動はある意味人間臭い感じもありますね。

まんが
スポンサーリンク
shin-chan blogをフォローする
しんちゃんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました