十字架のろくにんはアニメ化される?作品の人気や売り上げなどから推測 | しんちゃんのブログ
スポンサーリンク

十字架のろくにんはアニメ化される?作品の人気や売り上げなどから推測

まんが

現在マガジンポケットで連載の人気作品『十字架のろくにん』。

主人公の俊がいじめっ子達に家族に危害を加えたので、彼らに復讐するために暗躍する物語。

そんな『十字架のろくにん』がアニメ化されるのか気になります

マガジンポケットの作品『転生貴族、鑑定スキルで成り上がる 〜弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた〜』等が2024年4月からアニメ化決定されました。

過去にも幾つものマガジンポケットの作品がアニメ化された事を踏まえても、『十字架のろくにん』のアニメ化がされる可能性は十分にあり期待したい。

そこで今回は十字架のろくにんはアニメ化されるのか、作品の人気や売り上げなどから推測していこうと思います。

 

十字架のろくにんはアニメ化される?

まずは『十字架のろくにん』はアニメ化されるのかどうかを推測していこうと思います。

そもそもアニメ化されるためにはある程度の条件が必要となって来るのです。

その条件については絶対とまでは言えませんが、アニメ化される条件として高いのは以下の通りとなっています。

  • 漫画の売り上げがあるかどうか
  • 作品に多くのファンがついているかどうか
  • 作者がアニメ化を望んでいるかどうか
  • アニメ化が可能なくらいが進んでいるかどうか

次項から一つずつ見て行きましょう。

1つ目は漫画の売り上げがあるかどうかです。

これは連載漫画が単行本になったり、電子書籍になった際に実際に購入されているかどうかとなっています。

まず単行本や電子書籍が大量に売れないとアニメ化されるなんて、夢のまた夢と言っても過言じゃないでしょう。

アニメ化されるための条件については最低でも10万冊となっていて、これくらい売れないとアニメ化どころの話ではないと思います。

 

2つ目はアニメ化される作品にファンが多くいるかどうかです。

どの作品にも一定数の読者ファンが存在していて、そんなファンの存在がいるから単行本が購入され、連載も続けていけるのでしょう。

ファンが多ければ多いほど、アニメ化される可能性が高まっていきます。

その逆だったらアニメ化は絶対にされないのです。

 

3つ目は作者がアニメ化を許可するかどうか。

幾ら売り上げがあって、ファンがいたとしても、アニメ関係者がアニメ化しようと決めても、アニメ化されるかどうかは作者にかかっています。

つまり作者が首を縦に振らない限りは決してアニメ化がされる事はありません。

アニメ化される事は勿論良い事であり、アニメを見る事によってこれまで漫画を見てなかった新規のファンを取り込めるという利点があります。

そうする事で漫画の売り上げも増え、連載も継続されるのです。

しかし良い事もあれば悪い事もあり、上手くいけばファンを増やせますがしくじれば人気が下がってしまう可能性があります。

アニメ化されても作画が崩壊していたりしていたら、見る人は少しずつ減っていってしまうのです。

そうなって来るとアニメを作った分の製作費を回収できませんし、漫画の方にも悪影響を及ぼす事になってしまいます。

そのため現在アニメ化の条件を満たしている漫画があっても、デメリットを考慮してアニメ化を拒んでいる作者もいるのかもしれません。

 

4つ目はアニメ化される分の話はあるかどうかです。

現在アニメ化された場合、殆どが12話分のアニメが作られる事になります。

12話分でしたら、漫画の単行本で言うところの4巻から6巻の間となるのです。

そのため、最低でも8巻分くらいは単行本が発売されていないといけません。

偶に12話じゃなくて24話分の場合もあり、その場合は10巻以上の単行本が発売されていないとアニメ化される事はないでしょう。

 

作品の人気や売り上げなどから推測

次は『十字架のろくにん』の人気や売り上げからアニメ化がされるのかどうかを推測します。

結論から申し上げますと、アニメ化される可能性は高いでしょう。

まず売り上げに関しては2022年3月時点で累計部数が100万ほどあり、現在を踏まえると100万以上はあるのは間違いないので売り上げは問題ありません。

人気に関しては電子アプリで2021年3月時点で累計閲覧話数が1300万を突破していて、現在も累計閲覧話数はさらに伸びている事からも問題はないでしょう。

単行本の巻数に関しても現在14巻分あるので、仮に2クール24話になっても問題ないと思われます。

それを踏まえると後は作者の中武士竜先生判断次第と言えるんじゃないでしょうか。

恐らく中武先生は内容が内容だから、『十字架のろくにん』のアニメ化に躊躇しているんじゃないかと思います。

俊のいじめっ子達に対する仕置きがとても地上波では放送できないくらいグロく、深夜帯でも正直厳しいレベルとなっているのです。

そのためアニメ化されたらデメリットになると考えているのだと思います。

 

十字架のろくにんはアニメ化される?作品の人気や売り上げなどから推測まとめ

以上が十字架のろくにんはアニメ化されるのか、作品の人気や売り上げなどから推測していこうでした。

売り上げ、人気、巻数を踏まえると『十字架のろくにん』はアニメ化される条件は全て揃っているといっても過言じゃありません。

しかし中武先生は作品の内容を踏まえて首を縦には振っていない可能性があります。

それに中武先生は急病のために連載を止めているため、仮にアニメ化を推奨していたとしてもアニメ放送されるにはまだ時間がかかるでしょう。

まんが
スポンサーリンク
shin-chan blogをフォローする
しんちゃんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました