十字架のろくにんがつまらなくなったと噂?理由や真相を調査 | しんちゃんのブログ
スポンサーリンク

十字架のろくにんがつまらなくなったと噂?理由や真相を調査

まんが

今現在も連載がされている人気作品である『十字架のろくにん』。

主人公の俊がいじめっこ達の手によって家族を酷い目に遭わされたので、祖父に鍛えてもらう事で強くなり、復讐をしようとする話となっています。

売り上げも良くて、10巻以上も単行本が売られている事を踏まえると人気が高いとされているのも頷けるでしょう。

そんな『十字架のろくにん』が、つまらなくなったとされています。

果たしてその事は本当なのか、理由や真相を調査してみました。

それでは『十字架のろくにんがつまらなくなったと噂?理由や真相を調査』紹介して行きます。

 

十字架のろくにんがつまらなくなったと噂?

まずは『十字架のろくにん』がつまらなくなったのかどうかの噂を解説していこうと思います。

噂については流れているのが実情です。

『十字架のろくにん』に関わらずどの作品に関しても面白いと感じる人、つまらないと感じる人は少なからずいます。

即ちどの作品においても賛否両論はあると言う事です。

 

十字架のろくにんがつまらない理由や真相を調査

次は『十字架のろくにん』がつまらなくなった理由や真相を調査しました。

調査した結果、以下の4つの理由が挙がったのです。

 

①展開が分かりやすい

1つ目は展開が分かりやすい事です。

『十字架のろくにん』においては虐めた相手に復讐をする話となっています。

つまらなくなったとされるのは、その復讐相手が既に判明しているためだとされているのです。

普通、復讐系だったらその対象が不明の状態で、誰が復讐すべき相手なのか探して見つけて復讐を果たすというのが基本路線と言えます。

更に復讐する間に起こる復讐者からの圧力や妨害、第三者の登場、思いがけない展開の連続と言ったサプライズがあるのが楽しみの1つと言えるのです。

あと復讐者に対して暴力的に行うのか、拷問をするのか、社会的に抹殺するのか等の復讐の仕方を考えるのも楽しみの1つ。

しかし『十字架のろくにん』では既に復讐すべき相手が分かっていて、そのやり口もある程度分かり切っています。

そのためどんな展開になるんだろうと言うワクワク感が皆無になって、単純で分かりやすいストーリーとなってしまったのです。

 

②キャラクターの心理が分からない

2つ目はキャラクターの心理が分からない事です。

主人公の俊は家族を酷い目に遭わされた事で復讐の道を突き進んでいく事になりましたがそれは表面上だけで、内心ではどういう風に感じているのか、思っているのかが描かれていません。

俊は復讐者なので、表向きだけじゃなく内心でも深い深い悲しみや怒りを抱いている筈です。

実際、復讐者になり果てた人物はかなりの怒りを、哀しみを表情でも内心でも抱えているので、リアリティがあってキャラクターとして深みを感じる事でしょう。

そのためドラマやアニメに登場する復讐者の描写は分かりやすくキャラクターに感情移入しやすい筈。

同時に応援をしたくもなって来ると思います。

ただ『十字架のろくにん』ではそういう心理が描かれないので、キャラクターとしての深みを全くと言っていいくらい感じられなくなったのです。

 

③読者が興味を無くした

3つ目は読者が興味を無くしたことです。

上記での理由で述べたようにつまらない理由は展開が分かりやすい、キャラクターの心理が分からないです。

そうなって来ると新鮮さが足りないというのも1つの理由だと思います。

読者は復讐もいいけど、時には息抜きみたいな展開があったり、全く違う展開が欲しいと言う新鮮さを求めているもの。

しかしそれが無いと、ワンパターンばかりで新鮮さが全くないただ復讐だけ行う作品となり果ててしまうのです。

そして最終的に飽きた、興味を無くしたという理由で読めなくなってしまう読者が増えていってしまう事態となっていきました。

 

④グロテスクなシーンが苦手な人が出た

4つ目はグロテスクなシーンが苦手な人が出た事です。

グロテスクなシーンとは血が沢山出ているとか、手足が引きちぎられたり、内臓などがえぐり取られたりする等のシーンがある事。

俊は復讐をする時にはこうしたグロテスクな感じの復讐をしたりして、きっちり止めを刺していきます。

ただ読者によってそういうシーンに嫌悪感を持つ人は存在しているのです。

内臓が飛び出るシーンを見て、喜ぶような読者はいないでしょうし、嫌悪感がある人はただただ気持ち悪いと感じてしまう事が殆ど。

そのため見る気を無くしてしまう読者も少なからず出てしまいます。

更にそんな復讐の仕方をする事によって、物語の本質等が見えなくなってしまうと言うデメリットもあるのです。

そうなると過激な復讐劇だけしか記憶に残らなくなってしまい、それ以外の描写についてどうでもよくなってしまう感じになってしまいます。

しかし漫画を読んでいると俊が過激な復讐をしてしまうのも仕方のない事だとは思いますね。

 

十字架のろくにんがつまらなくなったと噂?理由や真相を調査まとめ

以上が調査の結果でした。

『十字架のろくにん』がつまらなくなったという噂がありましたが、他の作品でもそういうのはあるので当然の事だと思います。

そしてつまらなくなった理由には分かりやすい展開キャラクター心理の不足読者が興味を無くすグロテスクなシーンがある事です。

これだけ理由があるのに連載が続いている事は『十字架のろくにん』は面白さの方が上回っていると言う事と言えます。

本当かと疑うのならば、是非読んで見てください。

 

まんが
スポンサーリンク
shin-chan blogをフォローする
しんちゃんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました